飛来しない仕組み

ハト

美観などを守る

平和の象徴として知られているのが鳩です。何らかの儀式の時に白い鳩が放たれる様子がよく見られます。放たれてもその後に飼い主の所に戻るとされています。訓練された鳩は非常に頭がいい鳥と言えるかもしれません。それ以外にも鳩がいます。キジバト、ヤマバトと呼ばれる鳩でグレーっぽい色の鳩です。こちらに関しては平和の省庁よりも鳩害のを起こす鳩として知られているかもしれません。駅や公共施設などが非常に汚れるところもあります。動物は食事をして栄養を得、不要なものは糞として体外に出します。鳩害のキジバトも糞をしますが、大量の鳩が同じところで糞をすると非常に汚くなります。そこで利用したいのが駆除などをしてくれる業者の利用です。鳩害対策をしてくれる業者であれば、まず汚れた部分の清掃をしてくれます。糞は固まると簡単には取れず変色してしまうときもあります。硬くなった糞もしっかり取り除いてもらえるので、糞で汚くなったところもきれいにしてもらえます。いくらきれいにしてもらってもまた鳩が来ては鳩害が続きます。そこで飛来しない仕組みを依頼することができます。鳩が来るのは滞在しやすい理由があるためです。そこで鳩が滞在できないような装置を設置してもらいます。とがった針が何本もついた装置を置いておくと、そこで休めなくなります。休めなくなればそこは滞在するのに適した場所でなくなるため、害がなくなる可能性が高くなります。きれいにしてくれ、さらにその後のことも考慮してくれます。

Copyright© 2018 鳩害とのその対処法【乾燥した糞が飛散してアレルギー源になる】 All Rights Reserved.